開発

TV会議で誰にも会わずに話し合い【新時代の会議スタイル】

CADで管理

セミナー会場

建築をする際に建物の内部を通って準備する必要があるのが水道です。建物の側が出来た後に、内観部分を通って設置しなければならないのでややこしい部分でもあります。また、階層や部屋数が多ければ多いほど配管の数が増えるため図面自体も複雑になります。二次元図面のみで管理するのは手間がかかるため、近年では水道CADが用いられるようになっています。CADは世界中の建築業界が推奨している技術であり、二次元と三次元を融合した素晴らしいシステムとなっています。基本的に全てのデータをデジタル化するのが目的であり、図面などの操作は全てパソコンで行うのがCADの理想とされています。図面データがあれば、そこから3DCGとしてグラフィック化が可能のため、データが完全に見える化する仕組みとなっています。

水道CADの場合、配管そのものがくねくねとしていますし、階と階を結ぶ地点なども精密に扱う必要があるため、二次元ではなく三次元で作業した方がイメージしやすいのです。水道CADソフトで二次元図面を再現出来れば、見た目でミスが発見出来るようになります。また、データの操作も三次元で行えるだけでなく、二次元図面と三次元を共有する事も可能となっています。操作も簡単ですし、細かい調整なども行えるようになっているため、二次元図面で作業するよりもはるかに効率が良くなります。紙媒体で作業する必要がなくなるので作業速度も格段にアップし、紙の保管や管理なども必要なくなります。それだけコストダウンになりますので、企業的にかなりお得となっています。水道CADソフトの導入はコストが発生してしまいますが、それ以上の魅力がありますので導入を検討した方が良いでしょう。今後はCADがメインとなってきますので、なるべく早くソフトになれておいた方が今後のためになるでしょう。