ネットワークイメージ

TV会議で誰にも会わずに話し合い【新時代の会議スタイル】

利用目的が多い

会議

動画配信システムやテレマティクスのようにネットを媒介としたサービスというのは、私達人間だけでは出来ない仕事となっています。これらのサービスは私達の仕事の効率を高めてくれるだけでなく、データの見える化やミスをなくすなどにも有効的な手段となっています。水道CADなども、全てデータとして保管出来るため、現実で扱う資料などがどんどん少なくなっています。TV会議も私達のお仕事をサポートしてくれる重要な役割を担っており、取引先の方々と直接合わなくても会議が出来るようになりました。自社にいながらでも会議が出来るので、互いに会議にかける時間を短縮でき、準備時間や作業時間などを増やせるといったメリットがあります。

TV会議は遠くにいる方と連絡を取る際に有効的な手段ですので、海外などに拠点を持っている場合は特に利用した方が良いでしょう。毎日のように会議が可能となりますし、リアルタイムでやり取りが出来るので疑問点などの解消もスピーディーに行えるようになります。また、新人研修などにも有効的とされています。新人研修などは、基本的に指導員から説明をするのが基本なのですが、教える人が現場にいなくてはならないというのは不便です。出張先や別の支部にいる場合などはわざわざ招かなくてはならないので、手間もコストもかかってしまいます。TV会議であれば、その場にいなくても大丈夫ですし、必要な資料なども簡単にやり取りが出来るので新人研修でも有効となっています。大画面で全員が一覧するのではなく、個人のパソコン一つ一つで画面共有が可能なため、わかりにくいや見えにくいなどの悩みも解決されます。使い方は様々ですので、目的に応じてTV会議を利用しましょう。

データを見える化

パソコン

テレマティクスは運送業などと相性の良いサービスになっており、運転データを見える化出来ます。危険運転の確認や、時間がかかっている理由の追求などにも活用出来るため、作業効率が良くなります。

View Detail

CADで管理

セミナー会場

水道CADは、二次元データも三次元データも一つにまとめて管理できる素晴らしい機能となっています。データを見える化する事でミスしている箇所の発見や具体的なイメージがしやすくなります。

View Detail

動画で宣伝する

会議

動画配信システムは、色々な使用方法があり、企業戦略に合わせて活用出来れば宣伝効果が高まります。宣伝効果を最大限に引き出すためにも、動画配信システム企業の選定をミスしないようにしましょう。

View Detail